ご予約・お電話のお問い合わせはお気軽に 初診専用:050-7542-5433/再診・その他:03-3910-5099
WEB予約

駒込で審美歯科なら おおさわ歯科クリニック

審美歯科

よくある質問

おおさわ歯科クリニック 公式ブログ

各種クレジットカード デンタルローン対応しています

LINE 友だち追加

銀歯などの詰めものが目立っている、
もしくは歯が黄ばんで気になっている方
笑うとき口元に手を添えていたりしませんか?

自信がつき、生活がより豊かになります。
そんな方におすすめしたいのが審美歯科。
つまり歯をより美しく見せるための歯科治療です。歯が綺麗になれば、自然に笑えるようになります。
口元に手を添える必要がなくなります。ぜひ審美歯科をご利用ください。

銀歯が気になる方へ

削った歯の代わりに詰めるのが銀歯やプラスチック歯です。
一般的な歯科でこれらが使用される理由は保険適用だから。値段が安いという反面、元の歯とは質が異なるため、見た目が気になる方も多いかと思います。
そこで自然な口元を再現してくれる材料として推奨されるのがセラミックによる審美治療。
天然歯とほぼ変わらない見た目にすることができます。ただし保険適用外なので、費用は全額自己負担となる点に注意しましょう。
当院では以下のセラミック治療メニューをご用意しています。どれを選んでいただくかは患者さま次第です。当院ではまず、それぞれの方式のメリットとデメリットを詳しく説明いたします。
患者さまがどの程度の審美性を実現したいかを踏まえ、決めていただくことになります。
丁寧で正確な治療をいたしますので、詰めものを美しいものに変えたい方はご相談ください。

  オールセラミック メタルボンド ハイブリッドセラミック
メリット
  • 金属を一切使わない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 天然歯とほとんど見た目に差がない
  • 透明感があり変色しにくい
  • 長く白い状態を維持できる
  • 金属を使っているので強度が高い
  • 削れたり欠けることがあまりない
  • 見た目も自然
  • オールセラミックよりも安め
  • 価格が安い
  • 素材がやわらかいので、かみ合う歯への負担が軽い
デメリット
  • ほかにくらべ値段が高い
  • 金属が含まれるので、アレルギーの方には使用できません
  • 時間経過と共に変色してしまう
  • 定期的なメンテナンスが特に必要

抜けた歯がそのままになってはいませんか

歯が抜けると見た目が悪いだけでなく、食べ物を噛む力も弱まってしまいます 。
すると食べたものを充分に細かくすることが出来なくなり、消化や栄養状態に悪影響があります。
また、不規則な隙間が出来てしまい食べ物が詰まったり、磨き残しが出来てしまい虫歯や歯周病の原因となります。
さらに歯が抜けたスペースに向かって周りの健康な歯が傾き、バランスが崩れ正常な歯も機能しなくなります。
歯が抜けたことでうまく発音が出来なくなることもあります。
また、それまで歯を支えていた骨が少しずつ減少し痩せたように感じになり、口元の骨と肌のバランスが崩れ、しわが増えます。
左右非対称の顔貌になりえます。
歯が抜けたらほうっておかず一度ご相談ください。

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、目立たない矯正治療の1つとして患者様の不正咬合を治療するにあたり、ひとりひとりの患者様の治療計画にあったマウスピースを作成し、歯並びを治していく矯正治療です。

治療の流れ

  • カウンセリング 現在の状況、歯並びの悩みをお聞きし、マウスピース矯正とその他の治療法の説明、治療期間、費用などの矯正治療全般のご説明をいたします。

  • 精密検査・診断結果の説明 口腔内診査、レントゲン撮影、口腔内・顔面写真撮影、歯の型採りなどの精密検査を行います。後日、精密検査の結果を説明し、治療のための計画書などをつくります。

  • 歯の型採り 2の診断結果に同意して治療を開始する場合、マウスピース矯正の装置「アライナー」を作るために精密な歯の型採りやかみあわせを採取します。

  • アライナーを制作 採った歯型やレントゲン写真等の資料をもとに、製造メーカーが一人ひとりの歯並びに合わせて、歯の動きをシミュレーションして、「アライナー」を作成します。制作前までに、担当医がチェックをして必要に応じて修正します。 治療中の歯の動きをシミュレートして、一括で治療完了までの装置を制作されるものや、通院ごとに歯型を採取し、その都度、「アライナー」を制作する方法などがあり、さまざまです。

  • 治療開始 治療期間中、一日20時間以上アライナーを装着し、約2週間毎に新しいアライナーに交換します。アライナーを交換するごとに、歯は徐々に治療目標に向けて移動します。 治療中は、1ヵ月半~3ヶ月おきに、定期的に通院して、進行状況の確認と口腔内のクリーニングなどをします。治療途中で、予想通りの動きが認められない場合は補助矯正などの装置を使用することもあります。 治療期間:半年~2年(治療前の歯並びによる)

  • 治療完了~保定期間 矯正で動かした歯は、何もしないままだと、もとの治療前の場所に戻ろうとします。これを「後戻り」といいます。「アライナー」で歯並び・かみあわせが改善したあとは、一定の期間、リテーナー(保定装置)を装着し、数ヵ月に1回程度の頻度で歯並びのチェックをしに通院をして後戻りを防ぎます。

注意点

  • ・装置を使用しなかったり、一日の装着時間が短いと治療期間が長期化します。
  • ・飲食時や歯みがきをする時以外(睡眠時も含め)は装着をお願いしております(1日20時間以上)。
  • ・治療開始後、数日は痛むことがあります。
  • ・コーヒー、ワイン、タバコなどは、装置が汚れやすくなります。