ご予約・お電話のお問い合わせはお気軽に 電話:03-3910-5099
WEB予約

駒込の歯科・歯医者おおさわ歯科クリニック 虫歯、歯周病、顎関節症、ホワイトニング

一般歯科

よくある質問

おおさわ歯科クリニック 公式ブログ

各種クレジットカード デンタルローン対応しています

LINE 友だち追加
HOME»  一般歯科

虫歯治療

虫歯に自然治癒はありません。
痛くなってしまったら、症状が悪化する前にすぐ診てもらいましょう。

「痛みの少ない」「なるべく削らない」治療

治療時は痛みが最小限に済むよう心がけています。
声かけをしますので、痛みを感じたらすぐにおっしゃってください。
またできるだけ歯を残せるように努めています。
なるべく削らず、なるべく抜かず、患者さまにとって最良の形になるような治療を行います。

虫歯の治療の流れ

  • 問診にてお話をうかがってから、口腔診査に入ります。
  • 必要であればレントゲン撮影を行います。
  • 口内の状態を正確に把握した後、
    具体的な治療方法を分かりやすく説明します。

患者さまにご理解いただいてから、治療へと入ります。
疑問の一切わかない治療を目指していますので、分からないことがあれば
何でもお尋ねください。

 

歯周病治療

歯周病とは、歯の周りが風邪を引いてしまっているような状態です。
細菌が侵入し炎症を起こす炎症性疾患です。

歯周病を放っておくと……

口臭や、歯ぐきからの出血ならばまだ軽いですが、段階が進むと歯がぐらついてしまったり、抜けてしまったり、物がかめなくなったり……最悪の場合ですと歯から侵入した細菌が心臓や脳に悪さをすることも。
放置していていいことは何もありません。
「歯周病って口の中の病気でしょ」と安易な気持ちでいることはとても危険です。
一度歯周病になってしまったら治すことができません。
現代歯学では歯周病の進行速度を抑えることしかできません。
ですから普段から「歯周病にならない」ような対策をしておくことが大切になります。なってしまったとしても、他の歯が歯周病にならないよう、対策を講じておくことが、ご自身の歯を守っていくために必要となります。

歯周病治療の流れ

  • 歯周病検査後
  • 歯石やプラークを取り除き、ブラッシング指導を行います。
  • 歯がぐらつくようであればプラスチック樹脂を使って固定します。

知覚過敏

冷たい飲み物やうがいの時に歯がしみたりしていませんか?

歯がしみて、むし歯じゃないかと来院される患者さんの中には「知覚過敏」の場合が多くなっています。
「知覚過敏」とは歯ぐきが下がって歯根の部分が口腔内に露出してしまっている状態です。
通常、歯ぐき下がっても歯が凍みに耐えれる状態になっていれば凍みません。
しかし、急速に歯ぐきが下がった時はしみてしまいます。
歯ぐきが急速に下がる原因としては、加齢、歯ブラシを強くしすぎる、噛み合わせの異常、食いしばり、歯ぎしり...etc
「おおさわ歯科クリニック」では、それぞれの症状に合わせて適切な治療方法を行っています。

ドライマウス

パンを食べるときに口の中がパサパサになって
食べにくくなったなんてことないですか?
口が渇いて舌の先がピリピリしていませんか?

もしかしたら、口腔内乾燥症(ドライマウス)かも知れませんよ。
歳を重ねるにつれて唾液腺が弱くなってなってしまうことが原因として大きいのですが、ストレスや口に周りの筋肉が硬くなって起きていることがあります。
今まで、ドライマウスの患者さんには、唾液腺のマッサージをお勧めしてきました。
それに加えて、もうひとついい方法がありました。
それは、ベロ回しです。
美容法でも知られています。小顔になるとかならないとか…
ほっぺと唇の内側をさわるように自分でもやってみましたが、唾液が出ます。
一度試してみてください。