ご予約・お電話のお問い合わせはお気軽に 電話:03-3910-5099
WEB予約

駒込の歯科・歯医者おおさわ歯科クリニック 虫歯、歯周病、顎関節症、ホワイトニング

診療案内

よくある質問

おおさわ歯科クリニック 公式ブログ

各種クレジットカード デンタルローン対応しています

LINE 友だち追加
HOME»  診療案内

一般歯科

虫歯の治療や、知覚過敏、歯周病の治療などをはじめとした、特殊な歯の治療以外の治療のことを言います。
また、保険の範囲内で行われる治療が多いことが特徴です。

詳しくはこちら

予防歯科

「歯垢(しこう)」という言葉は、聞いたことありますか?
「プラーク」とも呼ばれています。
歯と歯の間などに溜まっている白いものです。
歯垢は、食べかすなどが固まったものではありません。
この歯垢は顕微鏡で拡大して観察すると、口腔内細菌の塊であることが分かります。
この塊の中にいる細菌によって虫歯・歯周病は、引き起こされます。
つまり細菌がいなければ虫歯や歯周病にはなりません。

詳しくはこちら

小児歯科

子供の歯は虫歯になっても永久歯に生え変わるから、ほうっておいても大丈夫!」なんて思っていませんか?
子供の歯が健康か、正しい治療されているかは、永久歯の歯並びだけでなく、成長期の身体の発育にまで影響してきます。
子供の歯が痛みだしたり歯茎が腫れたりした際、治療経過が悪いのが現状です。
子供の歯は生え変わるものというのは間違いです。お子様の正常な成長発育のため、治療と同様に予防歯科も大切です。

詳しくはこちら

顎関節症

顎関節症とは、「顎が痛い」「顎が鳴る」「顎が開けづらい」など、顎の機能に障害がある状態です。若い女性に特に多い病気です。
顎関節症の原因はいくつかあり、悪い噛み合わせ、顎関節への過剰な負担、ストレス、悪い生活習慣や姿勢などが組み合わされて起こります。
顎関節症の治療には、生活習慣の改善、顎の機能訓練、薬による痛み・炎症の緩和などを行います。症状が重い場合は外科的手術を行う場合があります。
顎の関節が痛い、音が鳴るなどの不快症状がある方はご相談下さい。

詳しくはこちら

噛み合わせ

噛み合わせとは、上下の歯を咬んだ時に上顎の歯列と下顎の歯列が合わさる状態のことです。
上下合わせて28本の歯(親知らずがある人は最大32本)がバランスよく接触し、しっかりと噛み合っていることがよい噛み合わせの基本です。
問題のある噛み合わせの種類として、反対咬合(受け口)、開咬、上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)、交叉咬合などがあります。

詳しくはこちら

審美歯科

審美歯科とは、虫歯や歯周病といった「歯の病気」の治療とは少し異なります。
欠けてしまった歯並びや歯の色などを整え、審美性(見た目)を回復させ、より美しい口元を作る治療です。
気になる部分の歯を削り、人工の歯を装着することで自然の歯に近い、白く美しい歯を手に入れることができます。
金属を使用しない素材を装着すれば年月がたっても黒ずみしません。

詳しくはこちら

ホワイトニング

ホワイトニングとは、その名の通り、特殊な薬剤を使用して歯を白くする治療法です。
健康な歯を傷つけることなく治療ができますので、歯を削りたくないという方におすすめします。
ホワイトニングには、歯科医院に通院して行う「オフィス・ホワイトニング」とご自宅で行う「ホーム・ホワイトニング」があります。

詳しくはこちら

マタニティ歯科

妊娠をすると間食が増えたり、ホルモンバランスが崩れたりして口内環境も変化します。
さらにつわりがある時期は、歯を十分に磨けなくなってしまったりして虫歯や歯周病などになりやすくなり、特に歯周病は早産などに影響すると考えられていますのでお母さんと赤ちゃんの歯の健康を保つための診療を行うのがマタニティ歯科です。

詳しくはこちら