ご予約・お電話のお問い合わせはお気軽に 初診専用:050-7542-5433/再診・その他:03-3910-5099
WEB予約

駒込で顎関節症治療なら おおさわ歯科クリニック

顎関節症

よくある質問

おおさわ歯科クリニック 公式ブログ

各種クレジットカード デンタルローン対応しています

LINE 友だち追加

顎関節症とは

顎や頬の筋肉など、お口周りの動きにともなう痛みや違和感を総称して顎関節症と呼びます。
顎関節症には大きく2つの分類があります。ひとつは「筋肉性」によるもの、もうひとつは「関節性」によるものです。
筋肉疲労や関節のずれなどによって引き起こされるということになりますが、そうなってしまう原因は様々です。
日々の診療の中で顎関節症の治療を行っていますが、なんと私自身もなってしまいました。
これまで歯ぎしりの習慣は長年あったので、歯ぎしり用のマウスピースをして就寝していたのですが、顎関節症治療用のマウスピースに変更しました。
診療の合間にあーでもないこーでもないとマウスピース調整に勤しんでいます。
幸い改善してきていますので、この経験を皆様の治療に生かしていけたらと思っています。

顎関節症の症状と原因

食べ物を噛むときや口を開閉するときに、顎を動かす筋肉に痛みや違和感を覚える機能障害、顎関節の痛みや雑音を伴う可動制限を総称して顎関節症と呼ばれます。 日常生活に支障をきたすことが多く、悪化すると症状が全身に及び、体全体の不調につながってしまうこともある病気です。

顎関節症の症状

  • 口を開けると痛い
  • 頬の筋肉が張っている
  • 起床時口が開けにくい、もしくは開けられない
  • 顎の筋肉の痛み、顎のしこり
  • 顎関節の痛み、顎関節の炎症
  • 顎関節のクリック音、雑音
  • 顎関節の動きの異常、脱臼
  • 噛み合わせのズレ
  • 顎のゆがみ、顎の変形、顔のゆがみ

その他の全身症状

  • 肩こり、首のこり
  • 目が疲れる
  • 頭痛、頭が重い
  • めまい、耳鳴り
  • 不眠症などの睡眠障害
  • しびれ
  • 飲み込みずらい、話がしづらい
  • 自律神経失調症

原因

多くの場合、いくつかの原因が重なり合って発症します。直接的には、歯ぎしりや食いしばりによる影響が大きいとされますが、精神的ストレスや疲労を溜める生活習慣、噛み合わせの異常なども原因に挙げられます。 食いしばりや歯ぎしりは、クセばかりではなく、ストレスが重なったときにも起こります。色々な原因が積み重なって許容限度を超えたときに顎関節症になると言われています。

顎関節症の予防方法

多くの場合、患者自身が自宅で行なうセルフケアが中心となります。セルフケアにより、顎関節症の予防と再発防止につとめましょう。 また、定期的に検診を受け、噛み合わせやその他の症状がないかも確認し予防に努めましょう。 下記が基本的な予防です。

  • 1. 噛み合わせに問題がある場合は治療をする 虫歯、歯周病、抜けている歯の治療を受け、出来るだけ左右同じように噛むことができるようにします。
  •  
  • 2. くいしばり、歯ぎしりをしないようにする 物を食べる時以外は、上下の歯を接触させないで僅かに離しておきます。 ※下顎がリラックスした状態では、上下の歯は通常2~3ミリ離れています。
  •  
  • 3. 頬づえをついたり、うつ伏せで寝ない いずれも顎関節に大きな負担をかけます。
  •  
  • 4. ガムを噛みすぎない
  •  
  • 5. その他、顎関節に負担をかけ過ぎない

当院で行う顎関節症治療

筋肉疲労による症状に対してはマッサージを施しています。腰痛などと同じで、筋肉をほぐすことで症状を和らげることができます。
一般的な顎関節症の治療はマウスピースを使います。筋肉性・関節性両方の方に当院でもお渡ししています。 就寝時に付けていただくことで顎への負担はかなり軽減されます。